家庭用ヒゲ脱毛器

 

 

特に「ヒゲ脱毛」としている製品はありません。が、「家庭用脱毛器」の中には、「ヒゲの脱毛もできる」「顔にも使えます」としているものがあります。

 

この場合の、「脱毛」とは単にヒゲを抜くものではなく、エステサロンなどでの脱毛同様に、持続性のある「もうムダ毛が生えてこない」というものです。

 

大半のものが、エステサロンでも採用されている「光脱毛」です。また、一部に美容系の医療機関で採用されている「レーザー脱毛」のものもあります。

 

レーザー脱毛は業務用のものであれば、効力が高く、光脱毛では不可能な「永久脱毛」が可能です。ただ、もともと医療用に開発されたものなので、エステサロンなどでは使用が許可されていません。一般家庭ならば、ましてそうです。

 

が、レーザー脱毛の家庭用のものは出力を落として、この使用許可の面はクリアしているようです。当然、効力は落ちます。

 

エステサロンなどで施術を受けるとと比較すると、一長一短でしょう。

 

多くの人が、「自分でやるほうが安い」と考えるかもしれません。が、本体価格だけではなく、消耗部品にもお金がかかります。比較するのならば、ここまで計算に入れる必要があるでしょう。

 

一般的には、脱毛する範囲が狭いほど、家庭用のほうが割高になります。

 

また、特にヒゲの場合、問題になるのが安全性です。当然顔に使います。皮膚が弱い上、近くには目もあって、脱毛の強力な光を受けると損傷する可能性があります。

 

どちらを選ぶかは様々な条件を比較しての上になるでしょう。ただ、体のムダ毛処理に比べ、ヒゲの脱毛はデメリットが大きいといえるでしょう。