絶縁針を使ったメンズ髭脱毛にはどんなメリットとデメリットがある?

髭脱毛の方法の1つに絶縁針を使った方法があります。
そのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

 

まず、絶縁針を使って脱毛する仕組みですが毛穴に細い針を刺し、その針に電気を流すことで髭を焼いていきます。
さらに熱によって毛母細胞を破壊できるため毛が生えにくくなる特徴があります。
絶縁針による脱毛は医療行為に該当するため一般的な脱毛サロンではなく、脱毛クリニックや皮膚科など、医療機関でのみ施術が可能です。

 

メリットはなんといっても高い脱毛効果でしょう。
毛を焼きながら毛母細胞も破壊できるためしっかりと脱毛でき、永久脱毛をするなら現在のところ非常に優れた方法です。
しかも部位を特定すれば永久脱毛するところと髭を生やすところを調整できるため、オシャレのためにアゴの髭は残したい、顔全体は永久脱毛したくないなんて男性にも最適です。
また、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は光を色素に反応させて脱毛する関係で、日焼けしている男性や髭が薄い男性にはあまり適していないのですが絶縁針は肌の状態や髭の濃さに関係なく脱毛ができるため誰でも利用できるメリットもあります。

 

次にデメリットですが、絶縁針は痛みが他の方法よりも強くなってしまいます。
技術の進歩で従来よりもかなり痛みは少なくなっているのですがそれでも強い痛みを感じることが多く、個人差があるとはいえ大きなデメリットです。
それでいて脱毛完了までにかかる期間も長く、結果的に料金が高額になりがちな問題も生じます。
効果が高い反面、痛みを我慢する必要がありお金もかかってしまうのです。

 

これらのメリット、デメリットを把握し、そのうえで自分に合っている方法かを考えることが大切でしょう。
ただ、医療機関でしか施術を受けられないことは安全性の確保に繋がりますし、脱毛は方法に関わらずある程度痛いものですので料金の問題さえクリアできればデメリットは解消することも可能です。
上手く活用できれば高い脱毛効果をしっかり実感できます。