日焼け好きの人が髭脱毛 できないのはなぜ?

あまり知られていないことですが、一般的に日焼けをしていると髭脱毛をすることができません。
それはなぜか、肌の色と脱毛の仕組みが大きく関係しています。

 

髭脱毛の主流な方法はレーザー脱毛とフラッシュ脱毛で、どちらも特殊な光を使っています。
特殊な光を毛穴に照射して毛を抜くのですが、この光は黒い色に反応するようにできています。
黒い色、つまり毛穴に生えている毛に反応して作用する仕組みです。
しかし日焼けをしていると肌も黒い色に近付くためレーザーやフラッシュが毛ではなく肌に反応してしまうのです。
肌に直接作用してしまうことになり、これが原因で肌がやけどしてしまうリスクが生まれます。
当然脱毛効果も弱まってしまいますし、危険もあることから日焼けしていると施術を断られてしまいます。

 

対策としては日焼けをしないこと第一です。
ただ、夏場はどうしても日焼けしやすくなってしまいますし、アウトドアが趣味だという男性ならなおさらです。
ですので髭脱毛をする時は夏を避け、日焼けしていない秋や冬を狙いましょう。
春でもいいのですが施術にはある程度の期間が必要で、施術が完了する前に夏が来て日焼けしてしまう可能性があります。
毛の生えてくる周期に合わせて施術しますから月に1度くらい通うのが基本ですので十分な期間を設けましょう。

 

また、どうしても日焼けはしたいという男性はレーザーやフラッシュによる脱毛ではなく、針による脱毛を選ぶ方法もあります。
いわゆるニードル脱毛と呼ばれる方法で、針によって毛を抜きますので肌の色は関係ありません。
医療行為のためサロンではなくクリニックでしか施術を受けられない、料金が高い、痛みが強いという問題もありますが日焼けしながら髭脱毛をするには最適です。

 

髭脱毛をする時、もし自分の肌の色が気になる場合はカウンセリングで相談し、脱毛可能かどうかをしっかり確認しましょう。
残念ながら断られてしまった場合は日焼けを改善するか、脱毛方法を変えるかで対応しなければなりません。