男の髭脱毛はどれくらい痛いの?口コミなどから調査!

髭脱毛を考える時、気になることの1つとして痛みがあります。
毛を抜くわけですから当然痛みを伴うのですが、その痛みは脱毛の方法によっても違いますしなにより痛みへの耐性は個人差があります。
脱毛サロンやクリニックのホームページなどを見ると痛みはほとんどないと紹介されていることもありますが、口コミなどを見ると痛みはある程度感じることになるようです。

 

まず方法による違いですが、髭脱毛には主にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛があり、レーザー脱毛の方が痛いとされています。
これはレーザー脱毛の方が出力が高いからで、脱毛効果も期待できる反面どうしても痛みが伴います。
フラッシュ脱毛は出力が低いため痛みが少ないのが特徴ですが、レーザー脱毛ほどの効果は期待できないため施術回数が増えます。
どちらもゴムを引っ張ってパチンと肌に当てるような鋭い痛みがあり、少なくとも毛抜きを使って抜くよりは痛いと考えておきましょう。

 

個人差による違いですが、こちらはかなり大きな差が出るようです。
人によってはまったく痛くなかった、ちょっと刺激を感じる程度だったということもあるのですが、痛みに弱い、敏感な人だと痛さのあまり施術を諦めるなんてこともあります。
なぜこれほどの差が出るのか、それは脱毛の仕組みに原因があり、レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も特殊な光を肌に照射して脱毛します。
たとえば毛の量が多いとそれだけ光に肌が反応するため痛みが強くなり、また日焼けしているなどで肌が黒いとそれに光が反応してやはり痛みが強くなります。
逆に言うと毛の量が少なく肌が白い人は痛みを感じにくいのです。
自分がどちらのタイプなのかによっても痛みの強さは変わってきます。

 

最近では痛み対策として麻酔を使用してくれることもありますのでサロンやクリニックでしっかりとカウンセリングをして痛みに備えてもらうことも大切です。
ある程度の期間通うことになりますから痛くて途中で挫折してしまわないようにしましょう。