名古屋で脱毛はどこがいい?

名古屋では男性専用の脱毛エステがたくさんありますが、大手のエステが細かいサービスが充実しています。脱毛は自分ですると肌を痛めたり、かえって毛深くなったりマイナス面も多いので、専門のサロンでプロにお任せするのが結局は早くて安心です。

 

医療レーザーを病院でするにはかなり高額で、他の女性と同じ待合室で顔を合わせたり、男性にとっては敷居が高いものです。まずは脱毛専門のコースがあるメンズエステサロンのほうが細かな配慮を色々としているので利用するハードルが低くてオススメです。

 

男性向けのエステは数が少なく、規模が小さいところは技術レベルが低い場合もあり、キチンと研修をして経験が豊富な大手サロンをまずは利用することがオススメです。勧誘も強引なものはかえってお店のイメージダウンにつながるので最近はほとんどありません。ひげの脱毛や胸の脱毛は完全にムダ毛をなくすには何回か通う必要がありますが、高額なコースではなく利用した時だけお金を払うその都度払いのエステもあるので、そちらを利用すれば負担も少ないです。


名古屋でおすすめのメンズ脱毛サロン

RINX(リンクス) 名古屋に2店舗

RINX

 

メンズ脱毛専門の実力派エステ

 


名古屋駅前店 / 名古屋市中村区名駅4-14-8 名駅あさひビル8F
名古屋栄店 / 名古屋市東区東桜1-10-35セントラル野田ビル4F

 

MENS TBC 名古屋に3店舗

ヒゲ&カラダ脱毛

 

ひげ脱毛体験が1000円!メンズ脱毛の2トップ

MENS TBCは、エステの最大手「エステティックTBC」が運営する男性専用のサロンです。名古屋には4店舗あります。エステに抵抗がある方でも通いやすいように、男性のスタッフがお店にいますし、他の女性のお客さんとも顔をを合わせることがないように配慮してくれます。店舗数の多さや気軽な料金設定から、利用者数1位を獲得したこともある優良エステです。ひげやボディの脱毛も、1本1本確実にしょりしてくれるだけでなく、間引き脱毛、完全脱毛など細かい要望にもきちんと対応してくれます。利用しやすいという点で人気が高いエステです。

 

≫カラダ脱毛コース 1000円はこちら

 

↓ヒゲ剃り楽々脱毛コース 1000円↓

 

名古屋駅前店 /名古屋栄店 /金山店 /豊田コモ・スクエア店 /

 

 

ダンディハウス 名古屋に6店舗

 

男の脱毛 5250円体験

ダンディハウスはメンズ向けのエステサロンとしては老舗の人気エステです。全国に53店舗もあり利用しやすさから、まずは「メンズエステと言ったらダンディハウス」と言われるほど認知度も高いです。もとは女性向けのエステ「ミスパリ」が母体となっているので技術の高さやエステシャンの質の良さでは定評があります。ワンランク上の高級感あるエステなので、仕事が出来る男性のイメージにはピッタリ。名古屋には6店舗あり利用しさすさでもオススメです。脱毛は、ひげ、お腹、胸、腕など全身に対応していますので自分の気になるところを気軽に集中脱毛できます。5250円で体験脱毛できるので、まずはお試しから。

 

名古屋パルコ店 /名古屋駅前店 /名古屋栄本店 /ヒルトン名古屋店 /イオン有松店 /イオン千種店 /

 

 

BOWZU 光脱毛

メンズ脱毛専門店

 

名古屋に2店舗

BOWZUは、メンズ専門の脱毛エステとして、男性特有の濃い毛根の脱毛が得意です。
10代〜60代まで幅広い年齢層のお客が多く、男性も通いやすいという点で根強い人気があります。名古屋には2店舗あるので予約もスムーズにとりやすいです。ひげ脱毛は人気が高く、お得なキャンペーンをしているので、締め切り前に早めに利用するのがおすすめです。

 

名古屋駅西店 / 名古屋市中村区椿町5-6 WEST NAGOYA56ビル3F
名古屋栄店 / 名古屋市中区栄3-24-13 パークサイド寺井ビル4F

 

レーザー脱毛はここが安い【名古屋】

ひげ脱毛

 

湘南美容外科クリニック  名古屋院
愛知県名古屋市中村区名駅3-22-4 名駅前みどりビル7F (名古屋駅より徒歩5分)

 

 

医療レーザー脱毛は、脱毛効果が強く短期間で脱毛できるというメリットがあります。ただし、非常に高額で利用しにくいという一面もあります。病院で脱毛するほうが安心できるという人には医療レーザーが格安でできる湘南美容外科がオススメです。ただし、非常に人気が高く予約も数カ月先まで埋まっているという状況ですので気長に待つつもりで利用する必要があります。男性の脱毛ではひげ脱毛の需要が高く、格安なコースが用意されています。回数無制限の「ひげ脱毛コース」が69800円で利用できます。

 

湘南美容外科 詳細はこちら

名古屋の脱毛サロン住所一覧

■ダンディハウス
名古屋パルコ店 / 愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ南館10F
名古屋駅前店 / 愛知県名古屋市中村区名駅4-26-10 名駅ファーストビル7F
名古屋栄本店 / 愛知県名古屋市東区東桜1-8-3 ミスパリ シャトー1F(総合受付)
ヒルトン名古屋店 / 愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトン名古屋B1F
イオン有松店 / 愛知県名古屋市緑区鳴海町字有松裏200番地  イオン有松ショッピングセンター2F
イオン千種店 / 愛知県名古屋市千種区千種2-16-13  イオン千種ショッピングセンター2F

 

 

■メンズ TBC
名古屋駅前店 / 名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル13F
名古屋栄店 / 名古屋市中区栄3-7-12 サカエ東栄ビル9F
金山店 / 名古屋市熱田区金山町1-2-26 ヤガミ金山ビル7F
豊田コモ・スクエア店 / 豊田市喜多町2-160 コモ・スクエア ウエスト1F

 

電気脱毛でデザイン脱毛

ひげをキレイに脱毛するために電気脱毛を採用しているエステが多いです。光脱毛と違い、1本1本手で行うので時間がかかりますが、確実に脱毛ができるのでこの電気脱毛方が主流となっています。

 

痛さはありますが、間引き脱毛でムダ毛の本数を少なくして毛深さを抑えたり細かな調整ができるので、デザイン脱毛でこだわりのある人には最適な方法です。
光脱毛の場合は全身の広い箇所や、痛さがない方法で脱毛をしたい場合に適していますが、回数がどれくらいかかるかは個人差が大きいです。また、細かな調整はできないので、光を照射する箇所は毛がない状態になります。

 

自分のしたい脱毛箇所に応じて脱毛法を使い分けるのが最適です。
メンズ脱毛エステでは、ダンディハウス、メンズTBCは電気脱毛を採用しています。ラパルレは光脱毛を採用しています。ひとつのサロンで脱毛を済ませたほうが入会金が余分にかることもなく費用の面では安く済みます。自分の脱毛したい箇所を踏まえて一番いい組み合わせはどれか?実際に体験とカウンセリングを候補の店舗で受けてみるのがやはり一番です。


クリニックで受けるヒゲの脱毛には健康保険が適用されるの?

「脱毛しよう」と思って調べ始めると、男性専用としたエステサロンや脱毛エステが目に入るでしょう。

 

と、同時に「美容外科」「美容皮膚科」「美容クリニック」といった医療機関でも扱っていることに気がつくはずです。

 

「病院でも脱毛ができる」ということです。

 

ただ、医療機関で脱毛をする場合には、いくつか注意が必要です。

 

「病院」というと、「健康保険証を持っていかなければ」と考える人もいるかもしれません。

 

ですが、不要です。というよりも、健康保険は利きません。かかる費用は全額自分で支払わなければなりません。

 

美容目的
脱毛は、女性の整形などと同じように「美容」目的なのです。健康保険は「治療」を受ける人のための制度です。

 

治療の場合であれば、診察・治療内容ごとに細かく区別され、国から金額が決められています。

 

一方、脱毛や整形は「自由診療」といって、金額は医療機関側で自由に決めることができます。

 

ですから、クリニックなどを選ぶ場合には、脱毛施療の内容だけではなく、「それはよそと比べて割高か、割安か」といったこともチェックしなければなりません。

 

なぜ、クリニックの脱毛のほうが高額なの?

医療機関とエステサロン・脱毛サロンを比べると、医療機関のほうが料金が高いのが普通です。

 

いくつか理由があります。

 

サロンで一般的に採用されている脱毛方法は「光脱毛」です。

 

光のエネルギーを利用して、毛根・毛母細胞にダメージを与えます。

 

発生させて使う光は、パワーこそ違うものの、カメラのフラッシュと同じ種類のものです。機器もそれほど特別なものではありません。

 

また、それを操作して施術する人も、特別な資格は不要です。

 

一方、医療機関の場合、ほとんどのところが「レーザー脱毛」を採用しています。

 

光のエネルギーを利用することでは、光脱毛と同じです。

 

ただし、使う光はレーザー光線といって、特別なものです。

 

また、それを発生させる機器は医療用に開発されたものです。今でも医師かその指示を受けた看護師しか操作してはいけないことになっています。

 

また、医療機関としての設備や備品も一通り必要です。

 

このようにサロンに比べると、設備費も人件費も高くなるのです。

 

さらに、広告に規制がかかっていることも影響しています。たとえば、「よそのクリニックに比べて……」といった表現は新聞・雑誌・テレビの広告では使えません。

 

このせいで価格競争も起きにくいため、料金が高止まりしている面もあります。

 

ただ、「サロンの光脱毛は5年後10年後にはヒゲが再生する可能性がいくらかある。医療機関のレーザー脱毛は生涯にわたって生えない永久脱毛になる」「医療機関なので、トラブルがあってもその場で治療ができる」「施術回数は光脱毛よりもレーザー脱毛のほうが少なくて済む」などのメリットがあります。

 

人によっては、「料金の高さに十分見合うだけのメリットになっている」と考える人もいるでしょう。

 

医療レーザー脱毛器の種類

メディオスター(医療レーザー脱毛)

ダイオードレーザーの最新形式。脱毛効果は高いけれど、痛みが減るように作られました。男性のひげ脱毛は特に痛みが出やすい箇所。鼻にしたなどは皮膚が薄い、神経が集中しているなど、特に痛みがあまりないタイプのレーザー脱毛器は必要性が高いです。肌を滑らすように照射していくのでうち漏らしがなくムラにもなりにくいです。また、照射の間隔を2か月空けなくてもいい!という点は画期的。時間がかかるひげ脱毛がもっと短期間で終わるようになります。
※湘南美容外科クリニックで採用

 

ダイオードレーザー

細かな産毛でも脱毛できる高機能の医療レーザー器。しっかりムダ毛を脱毛したいという効果最優先に人におすすめ

 

アレキサンドライトレーザー

肌が弱い人でも使える低刺激のレーザー脱毛器。また、フォトフェイシャルにも使用される形式で、肌に中のメラニン色素に反応してシミをなくしていきます。ニキビ跡、赤み対策、毛穴引きしめ、ターンオーバー促進など顔に使えばフェイシャル効果も同時に期待できます。

 

メラニン色素に反応するとだめなの?

肌が焼けている場合は、レーザー光を脱毛で照射することは断られます。これは、肌の中のメラニン色素にレーザーが反応してしまうからで、黒いものに反応して、刺激を与える=働きを壊すというメカニズム上起こりうることです。
肌が焼けた日焼け状態では必要以上にメラニン色素に反応して、痛みが増す、刺激が強くなる、炎症になりかねないために、予防のために脱毛をストップされます。
夏場には結構な人数の男性が、わざわざ予約してクリニックへ行ったのに、何もせずに帰らされたということも。
2週間前から日焼け止めをつかうことを推奨されます。
色素沈着していると、脱毛してもムラになりやすく、あまりメリットはありません。

 

痛みは?

ひげ脱毛の場合、ある程度痛みがあるのは仕方がありません。ただ、脱毛器のパワーを調整してくれるので、無理せず早めに痛い!ということを伝えれば、照射出力を一段階弱いパワーで施術してくれます。ただ、毎回弱いパワーでやっていると、なかなか髭が薄くならないので、痛みになれたら強いパワーで照射したほうが早く脱毛が終わります。どうしても我慢ができない、けど、早く終わらせたい、というときは笑気ガスをつかうなどできます(有料)。

 

メンズエステの光脱毛

インテンスパルスライト

黒い色、メラニン色素に搬送する働きがある。エステサロンで光脱毛を採用しているところは、このパルスライトを照射して脱毛する。
肌への刺激が少なく、低コストで脱毛できるので、脱毛初心者の人も利用者が多い。でも、完全に永久脱毛したい、とにかく濃いひげや胸毛を確実に薄くしたいというときは、電気脱毛や医療レーザー脱毛のほうが脱毛効果は高いので、自分の目的に応じて選びましょう。


もしかしてニキビじゃない?ヒゲ脱毛後のトラブル「毛のう炎」とは

脱毛の施術を受け、お肌にトラブルが発生する場合もあります。

 

一番よくあるのはヤケドです。

 

ただこれは信頼できるエステサロン・脱毛サロン、医療機関(美容皮膚科、美容外科、美容クリニック)を選ぶことで、かなりのところ避けることができます。

 

次が「毛のう炎(毛嚢炎)」です。「毛包炎」と呼ぶこともありますが、全く同じものです。

 

なりやすいのは、サロンで一般的に行われている光脱毛よりも、医療機関で採用されているレーザー脱毛の方です。

 

また、部位としては顔が多いです。つまりヒゲの脱毛です。

 

ほかにはワキ毛など、太いムダ毛が生えているところが要注意です。

 

症状としては、ニキビに似ています。ですから、よく間違って、「脱毛施術を受けた後にできたニキビ」などと呼んでいる人もいるぐらいです。

 

ただ、症状のほかの表れ方をする場合もあります。

 

本当にニキビにそっくりな場合もあれば、赤い湿しんのような感じの時もあったり、毛穴が赤くはれ上がって、その周りが白っぽくなるようなこともあります。

 

患部は直接光照射を受けた部分に限られます。周辺やほかの部分がなることはありません。これも「ニキビか毛のう炎か」の判断の材料になるでしょう。

 

もし、脱毛施術を受けて、1〜3日後に、こういった皮膚の異常が見られたら、まずは毛のう炎を疑ってみましょう。

 

「毛のう(毛嚢)」も「毛包」も、毛穴の中の毛根を包んでいる部分のことです。

 

炎症を起こしている場合は、ここにブドウ球菌などが繁殖しています。

 

「レーザー照射などで雑菌が入り込む」というよりも、「レーザー照射の影響で皮膚にダメージがあり、免疫力が落ちる。その結果、普段ならば跳ね返せるような雑菌にも繁殖を許してしまう」ということのようです。

 

かゆみや痛みがほとんどないことも多いので、ついつい「そのうち治る」と放置してしまいがちです。

 

ですが、深刻化することもあり、その場合は、シミになるなど跡を残してしまうことがあります。

 

もし、その施術を受けたのが、医療機関であるのならば、まずはそこへ連絡するのが大原則です。なんといっても、医師も看護師もいますし、こういったトラブルへの対処も経験を積んでいます。

 

もし、エステサロンや脱毛サロンであれば、そのサロンの対応次第です。

 

最近は医療機関とも連携しているところが多くなりました。その場合は、サロンに連絡し、そこを紹介してもらいます。

 

そういったシステムではない時は、自分で皮膚科に駆け込みます。

 

すぐに治療にかかれば、決して大事にはなりません。

 

治療内容も抗生物質入りのクリームを塗るぐらいで済むでしょう。

 

決してやってはいけないのは、気になるからといって、自分の手で触ることです。中には、押しつぶしして中の膿を出すような人までいます。ですが、これは間違ってもやってはいけません。

 

また、予防や症状を軽くするには、清潔を保つことです。特に暑い季節には要注意です。

 

汗はこまめにふき、下着なども吸湿性のいい物を選ぶようにしましょう。

 

青髭の原因、毛乳頭

 

ひげは自分で毛抜きで抜いてもまた生えてきます。毛乳頭が残っていると、ひげは何度でも再生してきます。セルフ処理では肌を痛めるデメリットもありますが、お手入れが続くので結局面倒くさいというのが一番のマイナスです。毛母細胞を育てていく毛乳頭は毛穴奥にあるものなので、自分で何とかしようとするのはやめましょう。
埋没毛になって、いつまでも肌の中に黒い点々、髭の子供が残っているのもきれいに見えません。毛乳頭がたまたま壊れた時はひげが生えてこない場合もありますが、確実に脱毛するなら、電気脱毛で1本1本施術するほうがはるかに簡単できれいになります。


BOWZUのこだわりのヒゲ脱毛のポイントとは

男性といえば、どちらかといえばこれまで、少々身だしなみが整っていなくても、甘めに見てもらえました。

 

が、この面でも男性もだんだんレベルアップ。

 

また、積極的におしゃれに取り組むのも当たり前になってきています。

 

こういった男性たちを支えているのが、エステサロンの男性コースや、男性専用のエステサロンです。多くは、痩身コースやフェイシャルなど、美容全般を扱っていて、脱毛はその中のひとつといった扱いです。

 

が、数は少ないものの、男性専用で、かつ脱毛専門のエステサロンも出てきました。

 

たとえば、東京に2店舗、名古屋に2店舗を持つ「BOWZU(ボウズ)」です。

 

この男性専用かつ脱毛専門ということは、注目していいでしょう。

 

よそのように、当然のことながら、男性と女性では肌質も毛質もことなります。「男性もできます」といった扱いで、普段は女性の脱毛施術ばかり担当している人が、たまにやるようでは、こういった違いをよく理解しているとは思えません。

 

またBOWZUでは、これがさらに脱毛専門になっていますから、より知識も技術も深いものが期待できます。

 

BOWZUで採用されている脱毛方法は光脱毛です。また、男性のヒゲに限ってみると、ほかによく採用されているのは、針脱毛です。

 

両者を比較すると、ヒゲの一部を残し、うまくデザインすることでは、針脱毛のほうが上です。

 

一方、ある部分のヒゲをスッキリなくすことに関しては光脱毛のほうが、痛み少なく、料金も安いのでおすすめです。

 

こういった違いを理解して、どちらを選択するかを決めたほうがいいでしょう。

 

http://名古屋メンズ脱毛.com/

 

 

更新履歴